うつ病退職マニュアル

残業が多くて疲れているなーと思いながら、身体の限界まで働いてしまった私が
後先を考えずに休職・・、その結果、悲惨な経済状態に追い込まれました。

私と同じ過ちを繰り返さないでください。
会社を辞めたい・・そんなことが頭によぎったとき、どうすれば良いのか、(制度の解説などを含めて)詳細に解説したマニュアルです。

このマニュアル(E-book)で次の知識を得てください。

数々の知識
その1 医者に掛かる前に何をすべきか
その2 退職する前に何をしておくべきか
その3 あなたを助けてくれる福祉制度には何があるのか
その4 健康のためにすべきこと
その5 上手に立ち回って福祉の恩恵に預かるにはどうすべきか
※本商品は、正当な障害年金を受給するための手順を記載したもので、
不正受給などの悪用目的で使用するためのものではございません。
ご同意の上ご利用ください。

知らないでいると穴にハマっていくことが多々あります。

制度を知らないということは恐ろしいことです。必ず知識を得て、病気と戦ってください。道しるべなくして、この病気と闘うのは無謀ともいえます。

初めて病院に行くのは退職前・退職後のどっちがおトクか分かりますか?これを知らないと大変な損をしてしまいますよ。

有料情報って、それに見合う価値はあるのですか?

疑問に思われるかもしれませんが、知っているのと知らないのでは経済的な負担が全然違ってきます。情報料なんて、それと比べたらごく僅かな金額です。
もしあなたが経済的に裕福で、数年間、働かなくても苦しまないのであれば、この情報の価値はそれほどではないかもしれませんが、大半の人にとって、購入して救われるお金のほうが大きいでしょう。

例えば、うつ病治療のための薬は何があるでしょう?
抗うつ剤:SSRI(デプロメール、ルボックス、パキシル)SNRI(トレドミン)
抗うつ剤:三環系(アモキサン、トリプタノール、トフラニール、アナフラニール、プロチアデン、アンプリット)
抗うつ剤:四環系(テトラミド、ルジオミール、テシプール)
抗うつ剤:その他(レスリン、デジレル、ドグマチール)
抗不安剤ほか:(デパス、レキソタン、ソラナックス、メイラックス、セパゾン)
・・・
保険処方される主なものだけを挙げてもこれだけあります。
そのクスリ代だけでも毎月数千円〜数万円が必要になるでしょう。
しかし、役所に行き「ある手続き」をするだけで、多くの方は診療費も薬代も無料〜1割負担になるのです。
知らないでいると損をします。

このマニュアルでは、休職期間中や退職後に得られるお金についても詳しく掲載しています。
受けたほうがいい社会制度、受けないほうがいい(落とし穴がある)社会制度を明記してあります。
さあ、ウツで苦しみながら労働するのをやめて、経済的不安から開放された、うつ休みライフを送りましょう。
あなたが1日も早く病気を克服されることを願っています。

当情報のご購入者様から頂いたご感想

ご感想
うつ病についての情報は数多く購入してきましたが、ここまで社会制度を並べて、 詳しく解説してあるものには初めて出会いました。
この情報で得た知識で(中略)に申請したところ、年間100万円ほどいただけることになりました。
医師も驚いていましたよ。(^_^)
経済的に助かっています。本当にありがとうございました。(東京都・M様)
紹介されていたサプリの情報がよかった。日本では手に入りずらいサプリでしたが、 それを飲むことで、うつの症状が軽くなってきました。
インターネット環境さえあれば、日本語で個人輸入が簡単にできるんですね。 (東京都・G様)

盛りだくさんのおトクな情報、いくらなら購入してみますか?

筆者はこの情報を書き上げるのに3年間の月日を費やしました。3万円でも安すぎる内容であると自負しています。
しかし購入のハードルを下げるため、今回、特別に9,800円で販売いたします。

お支払方法 株式会社インフォトップの決済システムを使用しています。
クレジットカード
クレジットカード
コンビニ決済
コンビニ決済
銀行振込・bitcash
bitcash

迷うことはありません、今すぐ購入を決断してください

ご購入はこちら / 特商法による表示

←購入を検討中の方は、とりあえずお気に入りにいれてください。

このE-bookはPDF形式で提供されます。閲覧するにはAdobe Readerが必要です。
(たいがいのパソコンには予めインストールされていますが、閲覧できない場合は、 Adobe Readerから閲覧ソフトをダウンロード(無料)してお使いください。